カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

上級者のウグイングタックル 7月26日更新


ここでは30cm以下の小型魚に向いた上級タックルを紹介いたします




ロッドは重要です!
向こうアワセを狙える食い込みの良さは最低限必要ですが、上級者は感度とフッキング性能にもこだわりたいものです
小さなアタリを感知し、一瞬で掛けていける、5〜7ftくらいの高感度、軽量でソリッドティップのものが今のところ良いと思います
グラスロッドは食い込み良いですが、感度とフッキング性能、操作性で劣るので、オススメはしていません
エリアトラウト用かアジング用の中には、ウグイングに向いているものがあります


リール
1000〜2000番の浅溝スプールのもの
細糸を使用するのでドラグ性能が良く、軽量であれば尚良いでしょう
巻きが軽いものが感度にも優れています
ドラグ調整はユルユルにしておきましょう



ラインは重要です!
できるだけ細いラインを使えば飛距離も伸び、流れの影響を受けずらく、テクニックも存分に発揮できます
ラインを使い分けるとさらに釣果が上がります


ポリエステル0.2〜0.3号 
近代ウグイングのメインライン!
飛距離・感度が良く、扱いに慣れると糸ヨレにくい反面、根ズレに弱いライン 
根ズレやリリーサーズレを防ぐにはリーダー10〜20cmくらいの接続を推奨
リーダーはフロロかナイロン2〜4LB
トラブルを防止するには、投げた後ラインにテンションを与え続けると良いです


PE0.05号〜0.1号 
飛距離・感度・強度が良くラインが視認しやすい、糸ヨレしにくい
フッキング性能と視認性を活かした、掛けの釣りには必須!
細番手はリーダー接続が必須


ナイロン1〜3LB 
伸びやすく、バイトを弾きにくいので向こう合わせになりやすい反面、感度が鈍く掛けの釣りは少し難しい
伸びの少ない銘柄を選びましょう
小川のウグイングには最高!


フロロカーボン
飛距離とトラブルの面から、ウグイングにはオススメできません
あえて使用するなら、1〜1.5LB程度が良いです
根ズレには強いです



手放せなくなるリリーサー
小さなバーブレスフックを使用するので、ウグイングフックリリーサーを使用すると魚を触らずに、一瞬でリリースできます


ルアーはウグイング専用が絶対有利!
釣れない人はルアー選びが間違っていることが多いです。
専用設計のルアーは桁違いの釣果が望めます。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=13247&eid=403

ページトップへ